トップ / 増加するインプラント治療

増加するインプラント治療

インプラントの浸透

不安

日本でのインプラントの普及率

人間の歯は、永久歯が抜けてしまうと再生することのない器官です。顎の骨に埋め込む手術をし、代わりとなる歯を人工的に作り出せるのがインプラントです。入れ歯と違って、自分の歯のように食物を噛むことができるので大変便利ですが、先進国であるスウェーデンでの普及率が約8%、日本に至ってはいまだ2%程度の普及率です。確実な治療が確立されたのがごく最近なので、まだまだ浸透しているとは言えない治療方法ですが、目覚しい技術の向上と治療できる歯科医院の増加、以前に比べて低価格化してきたことにより、インプラント治療をする人は徐々に増えつつあります。

普及率が上がっている

インプラントと言うと、入れ歯などよりも、自然に見えますし、自分の歯で食べ物を噛む事ができる治療法です。また、歯並びや、歯の形などに、コンプレックスを持っていた人に取っても、新しく美しい歯を手に入れる事ができる、とても心強い存在です。かつては、インプラントというと、高額な治療方法のイメージが強かったですが、3Dプリンターの誕生により、簡単に新しい歯を作る事ができるようになったので、価格を抑える事ができ、一気に普及率が上がりました。普及率が上がった事により、歯科医の技術も向上し、より安全な治療法ともなりました。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントのトラブル. All rights reserved.