トップ / インプラントとえばここ

インプラントとえばここ

インプラントを比較

不安

インプラントが優れている理由

歯を失った時の治療法として、インプラントは最も機能的に優れた方法です。食事に影響が出たり、頬が痩せてしまう入れ歯や、周囲の健康な歯を削るブリッジと比べ、物をかみ砕く能力が高く、自然な見た目を維持できます。食事に関しては、自然な歯の8割程度の機能が保てるので、胃腸に負担をかけず、きちんと咀嚼することで認知症予防にもなります。治療期間が長かったり、費用が高いという注意点もありますが、歯の機能を重視する場合におすすめです。

チタンがインプラントで用いられる

チタンは金や鉄と異なり普段あまり聞きなれない金属ですが医療現場出て活用されることが多いです。失った歯の代替治療として知られるインプラントにも用いられており、これはチタンが骨と結合する特徴があるからだと言われます。つまりチタンは人体に埋め込んでも異物として認識されず、金属アレルギーのリスクが少ないので医療現場で使用されます。ちなみに歯科治療では99パーセントという高純度のチタンを用いた人工歯根を顎の骨に埋め込みます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントのトラブル. All rights reserved.