トップ / インプラントの管理をしっかり

インプラントの管理をしっかり

インプラント問題要因

不安

インプラントを守るフロス

インプラントのトラブルとして知っておくべきことがあります。歯周病などの細菌感染によって最終的には抜けてしまう可能性があるのです。この予防方法として治療前に虫歯や歯周病などからくる感染を防ぐために、それらの治療を終えてからインプラント治療を行っています。さらに治療後はメンテナンスを定期に受けて、トラブルを起こさないように管理することによって、細菌の感染を防ぎます。ここで一番の問題となるのがホームケアの自宅で行う歯ブラシで、トラブルの起きる高い要因とも言えます。ブラシだけではよく磨けていないことが多いので、デンタルフロスなどを用いて入念に食べ物のカスを除去して行く必要があります。

フロス掃除をきちんと行う

インプラントの成功率を5年10年と高めるためには歯科医院での定期的なチェックも重要ですが、最大の敵である歯周病にならないためにホームケアも同じくらい重要です。歯と歯の間は歯ブラシだけではしっかり磨けなく、歯垢が残ってしまいます。そこで歯ブラシだけでなく、フロスを使用して歯と歯の間の掃除をしっかりし、口腔内を清潔に保つことで歯周病を予防し、成功率を高めるのです。インプラントは高額な治療行為の1つです。手術も行うことを考えれば、何度も出来る治療とは言えないかもしれません。そのため、新しい歯として一度手に入れたのであれば、それを大事にする努力は必要なのかもしれません。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントのトラブル. All rights reserved.