トップ / インプラントの手術後は

インプラントの手術後は

インプラント術後注意

不安

インプラントは術後のケアが大切

インプラント治療で大切なのは術後のケアでもあります。いくら手術が成功しても、特に術後は細菌が歯茎などの傷口に入りやすい事もあり、念入りなケアが必要になってきます。術後のケアを怠る事で寿命にも変化を与えるので医師の指導の下、初めは1ヶ月程度で、その後は3ヶ月おきなどに定期的に通院して口腔内の状態を診てもらう事も必要です。通院の習慣がある事で歯への関心も高まる他、インプラントなら、メンテナンスをきちんとすれば半永久的に維持する事が出来ます。

インプラント治療が行えないのは

インプラントの治療は、だれでも手術を受けることができるというわけではありません。適さないケースとして、まず、顎の骨に人工歯根を埋め込むため、骨が折れやすくなる骨粗しょう症の人の場合、抵抗力や免疫力が落ちてしまい、歯周病になりやすくなり、炎症を起こす可能性がある糖尿病や腎臓病は、土台になる骨に影響を及ぼしてしまいます。肝臓に重度な疾患がある場合には、血液を凝固させる成分が不足して血液が止まりにくい場合があります。インプラント治療の際に、そういった症状がある方は相談し、必要があれば別な治療を勧められます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントのトラブル. All rights reserved.