トップ / インプラントの保険適応

インプラントの保険適応

抜歯後はインプラント

不安

インプラントについて

歯科医院の診療科目として見かけることが多いインプラントは、歯を失った時の治療に使われる人工歯根のことをいいます。チタンなどで作られた人工歯根を歯を失った部位のあごの骨に埋め込みその上に義歯を被せます。人工歯根をあごの骨に固定するので、入れ歯よりも抜群の安定感があります。また、豊胸で使われるシリコンや心臓のペースメーカーなどもインプラントと呼ばれており、体に医療器具を埋め込むことで体の機能を補っています。

快適に過ごせるインプラント

近年では、インプラントを利用する人も年々増えてきました。生まれつきない歯や事故や虫歯などによって歯を根元から失ってしまった場合には、ブリッジをかけたり入れ歯を入れるという方法が利用されてきましたが、他の歯にも負担をかけてしまい口腔環境を衛生的に保つことが難しくなります。しかし、インプラントなら人工の歯根をあごの骨に埋め込んでしまうので手入れの手間もなく、自分の歯であるかのように快適に過ごすことができます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントのトラブル. All rights reserved.